栗山教室ブログー音読で一生ものの英語力をつけるウザワシステム-小学生~高校生まで

ウザワシステムは代表の鵜沢戸久子が40年に渡ってこども達に英語を教えてきた経験から生まれた生まれた独自の英語習得法です。 今回先生のご指導の下に英語教室を始めることなりました。日々の感想等を綴ります。

第3回英検結果 

 


今日も寒かったですね!
連日発表会の小道具作りに追われている私です。
始めると凝り性でつい熱中してしまいます。

2012年度第3回の結果(3級以上は一次結果)が分かりました。
5級 小1男子
4級 小5女子
3級(一次) 中2男子
が受験し全員合格しました。

小1さんに関しては、幼児から英語を習っているのと、
字を読めることで、「受けてみたら?」と何となく声掛けしてしまった子です。

いざ、試験の文章を読ませたら、
英文を「かたまり」で理解しているので、一つ一つの単語の意味が分かっていませんでした。
一瞬、冷や汗が出ましたが、数回の練習でクリアしました。
やはり、音が入っているのは有利ですね!
それよりも一番の収穫は彼が「単語に意味がある」とはっきり理解したこと。
これからの学習に速度がついてくるのは明らかです。

早期英語がもてはやされています。
小さい子どもが英語を話せば、かわいいですし、天才にも見えます。
残念ながら、低年齢から始めても、自動的に英語が話せるようになるわけではありません。
長い間、ほんの少しずつ、続けて努力することは誰にも求められます。

英語を早くに始める事は、それなりに有利かもしれません。
しかし、その後に継続して学習を続けることは実はそんなに簡単ではありません。
そのお手伝いをして、自分で自分を教えられる力をつけるのが
システムの大きな目的でもあります。

日本にいるたくさんの日本語の流暢な外国人、
ぺらぺら話す人と、お国訛りがあっても正しい日本語をはなす人、
どちらを尊敬するか、と尋ねれば当然のことと思います。
知性を感じさせる英語を話す生徒さんを育てていきたいと思っています。

********************************

数あるiPhoneアプリ。
これも有名な「漫画カメラ」。
撮った写真画像を劇画風にアレンジしてくれます。


なめこ


私が教室で携帯を机の上の置いておくと、
男子がすかさず悪戯を始めます。

その速さと言ったら!

使い方も教えていないのに、どんどん操作します。
これは友達の「なめこ」定期入れを撮ったもの。
なかなかシュールな感じに出来上がっています。
まあ、機械には強くなってほしいので、授業前には見逃しています。





category: 未分類

tb: 0   cm: 1

△top

ウザワが雑誌で紹介されました  

 


今日もとびきりの寒さでしたね!
午前中はウザワ本部の研究会でした。

毎回の宿題を始めるのが夜中1時過ぎ…
いつもぎりぎりで宿題が終わって暗記は電車の中でぶつぶつ…
このスタイル、学生の頃から全く変わっていません。

本部に着くと鵜沢先生といつものメンバー(私の大先輩達です)は
ウザワシステムが紹介された本日発売の雑誌の話をしていました。

プレジデント Family (ファミリー) 2013年 04月号 [雑誌]プレジデント Family (ファミリー) 2013年 04月号 [雑誌]
(2013/02/18)
不明

商品詳細を見る


前回のアエラKidsより、教室の様子が詳しく載っていました。
鵜沢先生も写真入りです。
「わたくし、写真が大嫌いなのよ~」
と恥ずかしがっていましたが、いつもおしゃれで若々しいです。

ウザワの卒業生で現在第一線で活躍されている方の
インタビューが載っていたのがよかったです。

本の中にもありますが、
「その人の教養は発音ではなく、正しい文法で英語が話されているか、
どれくらいの語彙があるかによって測られる。」
本当にそうだな、と思います。
ペラペラしゃべってる人って、たいてい内容が薄いものです。

うちの教室からも、社会で活躍する子が育っていくでしょう。
10年後を楽しみに、せっせと種を蒔いておきましょう。

雑誌に出るとまた、通信のお問い合わせが増えるかも知れないので
ブログで大変失礼ですがお知らせさせて頂きます。


現在通信コースはしばらくの間募集を中止させて頂いております。
<(_ _)>


キャンセル待ちの方が数名いらっしゃいますので
また、クラス数が増えたらお伝えいたします。

ホームページを書き直す時間がなく…申し訳ありません!

****************************

帰りはK先生と新宿西口メトロ食堂街のレストラン「墨繪(すみのえ)」へ。
雑多な場所にありますが、有名店です。

野菜たっぷりの日本風フレンチと
美味しいパンが食べられるお店です。

パスタ、チキン香草焼き、アイスクリーム、コーヒー
の「肉ランチ」で1660円。
パンは食べ放題だそう。

pasta.jpg
生パスタがふんわりしてチョリソのピリ辛と好対照。


chicken.jpg
付け合せの長芋ときのこ類が美味しかったです。
全体的に自然で優しい味つけでした。


度々、という訳にはいきませんが、たまにはいいですね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

教材は難しいほうがいい 

 


こんばんは。
今日は年末に入会の中3生さんの少し嬉しいお話を。

英語に力を入れている中高一貫の学校に通う彼女は
あまり英語が得意ではありません。
…というよりも英語だけが不得意です。

中1の時勉強方法を間違ったらしく、今も英語を読むのに苦労をしています。

そんな彼女に英語発表会の案内を渡したら、申し込みがありました。
(中学生は部活等があるので参加を強制はしていません。)

彼女の使用教材"The Story of English"はウザワのメイン教材です。
大学教養で使用するレベルのもので、
中学生にとっては内容的にも難しいものです。

さてさて、彼女が「暗記」するためには
まず、字がするすると読めなければいけないわけで…
片っ端から単語を小さなカードにプリントして順番をばらばらにしながら読む、
教室でCDを聞いてから、ほんのすこしずつ暗記…

なかなか進まないので、試験休みの間にも補習で出てきてもらって
それでも、どうしよう、と私も内面焦りながら指導をしていました。

そうしたら、先日学校で教科書の速読みテストがあり、
いままでより30秒も速く読めたそうです。

「こんな難しいの読まされてるから、学校のが簡単で…」
、と私は文句を言われましたが、彼女もまんざらでもなさそう。
気がつけば暗記できる範囲が長くなってきました。
今までは1文ずつがやっとだったのに。

この頃の中学の英語教科書は余りにも簡単すぎて
生徒の力を育てていないと思います。
ずーっと離乳食食べてるようなものです。
おまけに内容が薄いので生徒の心にも残りません。

ウザワの教材はがっつり骨があります。
もしかしたら勉強したての時は日本語訳をしても理解できないこともあるでしょう。
ただ、これをCDで聞いて、暗記していくうちに体に染み込みます。
たっぷり体に染み込ませないとアウトプットは出来ません。

これで彼女が英語に取り組むきっかけになるといいです。

******************************

もうそろそろ牡蠣も終わり。

olive.jpg

いつもの牡蠣のオイル漬にメゾンカイザーのフランスパン。
メゾンカイザーはドイツ人の店ではなく、
パリで人気のパン屋さんだそう。

この辺では田園調布駅前に店がありましたが、
うちのご近所のラゾーナ川崎にもお店ができました。
何と言ってもここのフランスパンは美味しい!

外はバリバリ(パリパリではない)、中はもちもち。
うーん、フランス人は歯が強い。

このオリーブもね、おいしいんです。
成城石井で売っている「マダムオリヴァ」。
浅漬け感覚でどんどん食べてしまいます。
お腹を壊すくらい。(=_=)

olive2.jpg





category: 未分類

tb: 0   cm: 2

△top

こどもは暗記が得意? 

 


もう2月ですね!

なかなか忙しく睡眠時間が取れず
腰痛まで出てきたので今日は12時間眠って快調!
この時間になって元気が出てきました…

うちの教室の生徒さんは、3月の発表会に向けて練習真っ盛りです。

子どもは暗記が得意…と思いがちですが、
どうやら人それぞれのようです。

英語の音がするするすると自然に入るタイプは
鵜沢先生は「だいたい3割」、と言っています。
研究会の際に「あなた達は(ネットワーク教室の主催者)その3割に入っているが、
そうでない人が多いことを忘れないで。」と言われたことがあります。

運動が得意な生徒、算数が得意な生徒、
同じように英語の音が入りやすい生徒さんと、そうではない生徒さんがいます。

皆さん、同じだけCDを聞き、書写もしています。
脳のプロセスの仕方が違うのだと思います。

発表会の暗記ですこし大変な生徒さんもいますが、
お家ですばらしく練習してきてくれた子がいました。

自分のセリフを書写しなおして、フリガナも自分で振って、
お家で大きな声で読んでいるそうです。

princess.jpg


大きな声、区切って読む、事は覚えやすくなりそうです。
実際彼女が練習していると、2,3日私の頭に残ってしまうくらいです。

今は少し大変な思いをしているかもしれませんが、
大きくなってからこの経験が必ず役立つと信じています。

努力する方法を身につけた人は、しばしば
生まれつき能力のある人を上回ります。
もともと、能力の差はスタートダッシュだけなので
それももっともなことだと思います。

今、小学校英語で「あまり成果が出ない」と思っているお母様方、
中学や高校になって塾に入るよりも本人が絶対楽ですから
辞めないで下さいね、そして毎日CDをかけてください。

授業を終わってからみんなで発表会用の絵を制作中…
とても真剣です。
授業中これだけ真剣ならいいのに~~。Satclass.jpg







category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top