栗山教室ブログー音読で一生ものの英語力をつけるウザワシステム-小学生~高校生まで

ウザワシステムは代表の鵜沢戸久子が40年に渡ってこども達に英語を教えてきた経験から生まれた生まれた独自の英語習得法です。 今回先生のご指導の下に英語教室を始めることなりました。日々の感想等を綴ります。

小学生から英語を始める意味 

 


こんばんは、急に寒くなって風邪をひいている生徒さんが多いです。
私も体調を崩しがちで、ブログの更新遅れていてすみません。

うちの教室では、9月にたくさんの入会がありました。
中学、高校で英語が苦手で入会された生徒さんも
どんどん英語が得意になってくれていて、これからが楽しみです。

その中のおひとりのお母様からメールを頂きました。
「最近、学校の英語が分かるようになり、3分あれば単語が10個覚えられるようになったりと、
本人は今絶好調で前向きにがんばっています。」

嬉しいです!

実際にはまだ英語が得意、と言えるようになるのにはもう少し時間が掛かりますが
それでも「英語が好き」が全ての始まりです。
皆さん教室で楽しそうに勉強されていますよ。
(時々楽しすぎて私に怒られています・・・が)

だったら、英語は中学から始めれば十分?かというと
やはり小学校のうちに始めていると絶対有利です。

理由としては・・・

特に低学年のうちは英語の音が入りやすい。
ウザワシステムで読み進める絵本の中から自然に単語や表現を学べる。
学校の勉強に追われることなく、自分のペースで楽しんで学べる。
書写を行うことにより、書く事が得意で速くなる。
一見難しい文法も「音で覚えている」ので中学で学んだ時に理解しやすい。

思いついたままに並べてみましたが、これだけではないと思います。
小学校から始めていると、英語の”幅”ができるんです。

本部ブログでも鵜沢先生が詳しく書いていました。

ウザワシステムの小学生英語は「種まき」
http://uzawa-system.com/


栗山教室では兄弟でお通いの場合、小学生の生徒さんには兄弟割引があります。
とってもお得になっていますので、詳しくはお尋ねください。

***********

私が「おふくろの味」と聞くと真っ先に思い出すのがしぎ焼きです。
夏は毎日のように母が作っていました。

家庭菜園のナスといんげんを頂いたのでしぎ焼きを作りました。
いんげんが柔らかくて、香りがちがいます。

nasu.jpg

この味噌はやはり八丁などの赤味噌が合いますね。
甘くてしょっぱくて、ご飯が進みます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

△top

宿題のやり方 

 


一難去ってまた一難、次の台風が近づいてきています。
早く何事もなく去ってくれるといいですね。

教室のウェブサイト

ウザワシステム栗山教室
http://uzawakuriyama.lolipop.jp/school/


はwordpress で作成するようになってから随分管理が楽になりました。
(その割には更新がなかなかできていませんが・・・がんばります。)

教室のサイトをお訪ねいただく方の中には
「宿題のやり方」又は「宿題のやらせ方」で検索して来る方がかなりいらっしゃいます。
保護者の皆さんもいろいろ悩んでいらっしゃるんですね。

うちの教室の場合でも、
宿題のやり方が「もったいない~」と思う生徒がちらほらいます。

「辞書を引いていろいろ調べて宿題をやる」
「英語の得意なご家族に聞いて宿題をやる」
生徒さんがけっこういるからです。

自分の分からないところを教師に知らせないのは、
いちばんもったいない!と思います。

ウザワでは単語が分からなかったときは基本的に日本語でOKです。
There was 橋 here, but it is 高速道路 now.

これを教室で一つずつ
「以前~があった」、はどんな時制と表現を使うのか、
名詞は、可算名詞か不可算名詞か、などを相談しながら解決していきます。

お家で調べで用意した宿題が最初から正解ばかりなら、
教室で分からなかった所を細かく考える機会も
ウザワの英文法や辞書を調べる機会も、
教室でテストする機会も

なくなってしまいます。

それはとても残念な事です。

少し回り道になっても自分で一つ一つ解決して下さい。
多分これが一番の近道ですよ!

英語は練習して徐々に身につけていくものです。
そして、身につくまでは3年以上はかかるものです。

「CDを聞くだけで明日英語がペラペラになる」とかの
うまい話しは無いですよ!

**************

この前の日曜は第3回目のイングリッシュシャワー(英語による授業)でした。
決してやさしくはないトピックに皆さん一生懸命、そして楽しそうに取り組んでいました。
これを刺激に、また前進して下さい。

tom10052.jpg

tom1005.jpg










category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top